岩手大学写真部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロール紙大会2013

こんばんは~、4年の小松です。久しぶりのブログ更新ですね。
それぞれやりたいことをやる部員が多いうえ行事が重なり、更新を忘れているみたいです。
 
昨日と今日にかけて、写真部の一大イベント「ロール紙大会」が行われました。
普段はなかなか焼くことのできないサイズの印画紙に写真をプリントする、年に一回の恒例行事です!

印画紙の大きさは約90cm×180cm。かなりのものです。
普段は狭い暗室ですが、この2日間だけはレイアウトを変更します。

それでは簡単にやり方を説明しましょう!(間違っていたら、諸先輩方ご教授ねがいます・・・)

1.大きくするネガを決める。

2.引き伸ばし機にセット。このときフィルターや引き伸ばしレンズ(絞りf5.6or8)も予めセットしておく。
IMG_0948 (427x640)

3.ピントを合わせる。小さい印画紙よりも、ピントが粗めに出るので注意。
IMG_0952 (427x640)

4.試し焼きをしたいところに印をする。
IMG_0946 (427x640)

5.試し焼きをして、時間を決める。必要に応じて覆い焼きしたい部分などを決める。

6.納得がいったら本焼きをする。なお、露光時間が長いため、部員で色々話したり、ショートコントをしてます

7.現像液に1分半つける。ムラがなく紙全体に薬液が通るようにする。
IMG_0947 (427x640)
【↑右に現像液、左に定着液がそれぞれ12L入ってます!】

8.定着液に1時間浸す。巻き直しなどしてムラができないようにする。

9.水洗をする。1時間以上行ったほうが良い。
IMG_0955 (640x427)
10.壁に貼るなどして、2,3日乾燥させる。

以上です。
手間がかかりますが、印画紙に像が浮かんできたときの気分は最高です!
このような行事をやるとまた白黒ネガを使って写真を撮影したくなります。

写真部はこの後例会、そして冬の写真展と行事が控えています。
例会は所用で行けませんが、写真展はなんとか出したいなああ~

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。